仕事

転職失敗したらどうするの!?転職する前にまず考えるべき7つの事

転職失敗したらどうするの?転職する前にまず考えるべき7つの事
転職したい人
転職したい人
・給料低いから転職したいけど不安だなあ
・新しい職場でも通用するかな
・激務すぎてもっと楽な所に行きたいな
・全く違う業種でも大丈夫かな

こういった疑問にお答えします。

akira
akira
私は転職をせずに新卒から7年間、今の会社で仕事しています。
転職はなんども考えましたが、総合的に判断し本業+副業に落ち着いております。
結論としては転職する前に7つの事を考え、それでも転職したい場合は行動に移しましょう。

転職失敗したらどうするの?転職する前にまず考えるべき7つの事。

結論は下記7つです。

7つ全てを再確認し、総合的に転職した方が良いと判断できた場合は行動に移しましょう。

  1. 今より収入がどのくらいあがるか
  2. キャリアアップできるのか
  3. そもそも通用するのか
  4. 福利厚生はどうなのか
  5. 休みの数や有休のとりやすさはどうか
  6. 世の中の流れも考慮すること
  7. 将来設計を加味したらどうなのか

今より収入がどのくらいあがるか

今より収入がどうなるかは重要です。

さらに昇給ができるような企業、業界かどうかはしっかり把握する必要があります。

そして現在勤めている会社も本当に今の収入が限界なのかどうかもしっかり確認しておきましょう。

キャリアアップできるのか

キャリアアップができるかも重要な部分です。

新しく手に職がつくような転職や、伸びていく市場へのチャレンジかどうかも考えましょう。

WEB業界への転職等が該当しますが、伸びていく市場であれば給料も上がりやすいですし、独立、副業の選択肢も多彩なのでオススメです。

新しい事に取り組みたいけど、なかなか一歩踏み出せない方は

一度、部署移動等を志願して経験してみることも考えてみてください。

そもそも通用するのか

ここも重要です。

収入をあげたい方は給料の高くなる外資系や大企業へ行きたくなると思います。

実績重視の厳しい所でやっていく決意はありますか?

またその会社で何年働くかも考えておきましょう。

「今の会社で成績TOPで今後も営業していきたいけど、インセンティブが今の会社だと発生しないから」

このくらい具体的であれば大丈夫でしょう。

福利厚生はどうなのか

ここは見逃しやすい部分です。

  1. 各種手当の有無
  2. 住宅手当や家賃補助の有無

多きな部分ではこの2つです。

特に家賃補助の部分は大きく、具体的に教えてもらわないと判断ができません。

  1. 何パーセント、何円の補助や手当があるのか
  2. 何年間補助されるのか

福利厚生が充実していますと謳っている企業は多いため

詳細は確認するようにしてください。

休みの数や有休の取得しやすさはどうか

普通に考えて有休はとれないとおかしいのですが、

まだまだ取得しづらい企業は多いです

今の会社がめちゃめちゃ取得しやすい場合は、転職後少し取得しづらくなるかもと考えて置くべきです。

世の中の流れも考慮すること

世の中の流れも把握しておくことが必要です。

例えば下記ですね。

  1. 大企業で早期退職が加速している。
  2. 時代の流れが速すぎて退職までの安定はない
  3. 基本的に不景気

このような事を加味して本当に転職することが必要なのかを考えましょう。

定年まで安心して働ける会社は今は無いと思います。

将来設計を加味したらどうなのか

将来設計も併せて考えておきましょう。

結婚する気もないなら問題なしです。

結婚を考えている、結婚しているのなら転職は家族にも影響してきます。

  1. 結婚
  2. 出産前後
  3. 子育て
  4. マイホーム

このあたりはサラリーマンの仕事には結構大きく関わってきます。

収入や拘束時間、有休の取得などのバランスが重要になってきます。

親の実家が近いとかであればだいぶ子育てにゆとりはでてきますがそうでない場合は、嫁、子供の体調不良時に休めないとなってしまい支障がでてしまうのでしっかり考えておきましょう。

転職、副業のどちらが良いかも判断しましょう

明確に目標、目的がある方、今の仕事がどうしても嫌な方は転職をオススメします。

メジャーな転職支援サイトは下記です。

ビズリーチ:年収500万円以上の方にはオススメ

マイナビ:20代の若手層に人気。対応も丁寧。

doda:求人数も多く、知名度が高い。個人的には深田恭子をイメージキャラに起用しているため登録必須。

リクルートエージェント :圧倒的知名度と求人数、システムも使いやすい。

そして収入を伸ばしたい場合は、転職の他に副業という選択肢がとれます。

副業のメリット・デメリットは下記です。

メリット

  1. 慣れている環境で新たに収入を得られる可能性がある
  2. 個人で稼ぐ力が身につくとリスクに備えられる
  3. 成果が出せるレベルになると仕事にも活きる

デメリット

  1. 成果が全然でない可能性がある
  2. 本業に支障がでる可能性がある

私もそうですが、

働く環境が比較的良いが、収入だけが足りないという方は副業を始める。が圧倒的にオススメです。ブログがオススメな理由は下記記事参照ください。

どちらの選択肢を選ぶにせよ、本記事の7つの項目についてはしっかり確認を行い後悔しない判断をしていきましょう。

ABOUT ME
akira
28歳、営業職をやってます。 2018年に地方→東京へ転勤。 夫婦協力して3歳長女、0歳次女を子育て中。 子育てに役立つ情報や子育てに関連する仕事との向き合い方をパパ目線で発信していきます。