最強のオリゴ糖

カイテキオリゴが機能性表示食品へ!機能性表示食品とは?

カイテキオリゴが機能性表示食品へ!機能性表示食品とは?
悩む人

疑問

機能性表示食品になったってネットで見たけど何か変わるの?

そもそも機能性表示食品てなに?

こういった疑問のお答えします。

私は

カイテキオリゴを購入して3年のなるファンの一人です。

嫁や娘がカイテキオリゴを愛用しています。

今回はそんなカイテキオリゴが今回受理された機能性表示食品について解説します。

カイテキオリゴが機能性表示食品へ

「びっくりするほどいい商品ができたときにしか商品化をしない」を理念に掲げる株式会社北の達人コーポレーションが、今回、超ロングセラーの高純度オリゴ糖食品『カイテキオリゴ』を機能性表示食品として消費者庁に届出を行い、受理されたと2019年6月11日に発表しました。

今回の件で『カイテキオリゴ』は、5種類もの便通改善成分を含む「機能性表示食品」で日本初のものとなります。

本商品の「機能性表示食品」としての発売時期は、2019年9月以降を予定しているとのことです。

配合成分や価格の変更はなく、「機能性表示食品」としてパッケージを刷新するようです。

ブランド力向上に加え、価格も据え置きはユーザーとしては大変嬉しいですね。

機能性表示食品とは?

従来、機能性を表示することができた商品は

特定保健用食品:国が個別に許可した物
栄養機能食品:国の規格基準に適合した物

の2種類に限られていました。

そして今回、機能性を表示した商品の選択肢を増やし、消費者が正しい情報を確認しながら選択ができるよう平成27年4月に、新しく「機能性表示食品」が加わりました。

『カイテキオリゴ』はここに加わったということです。

特定保健用食品(トクホ)

消費者庁より:食生活において特定の保健の目的で摂取をする者に対し、その摂取により当該保健の目的が期待できる旨の表示をする食品となっています。

健康の維持や増進を目的として役立つことが科学的な根拠に基づいて認められており【 体脂肪を減らすの助ける】などの表示を許可されている食品です。表示する効果、安全性については国が個別に厳しい審査を行い、消費者長官が許可しています。

例えば:ヘルシア緑茶/特茶/明治 ブルガリアヨーグルト/ヤクルトの乳性飲料 ミルージュ など

栄養機能食品

消費者庁より:栄養機能食品とは、特定の栄養成分の補給のために利用される食品で、栄養成分の機能を表示するものをいいます。 対象食品は消費者に販売される容器包装に入れられた一般用加工食品及び一般用生鮮食品です。食品表 示基準(以下、基準という。)に基づき表示されます。

一日に必要な栄養成分(ビタミンなど)が不足しがちな場合にその補給のために利用できる食品です。すでに科学的根拠が確認された栄養成分を一定の基準量含む食品であれば、届出などをしなくても、国が定めた表現によってその機能性を表示することができます。

例えば:DHCマルチビタミン/アサヒ クリーム玄米ブランなど

これらはパッケージ内に【栄養機能食品】と記載があります。

機能性表示食品

消費者庁より:事業者の責任で、科学的根拠を基に商品パッケージに機能性を表示するものとして消費者庁に届け出られた食品です。

事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。
販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られたもの
です。ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたもの
ではありません。

例えば:カルピス カラダカルピス/吉野家 サラ牛/カゴメ トマトジュース高リコピントマト使用

これらはパッケージ内に【機能性表示食品】と記載があります。

機能性表示食品は安全なのか

国が定めたあるルールに沿って、安全性機能性に関して評価を行い
生産、製造、品質の管理体制健康被害の情報収集体系を整え、消費者長官へ届け出がなされています。

また、届け出された内容は消費者庁のウェブサイトで公開されるので
これらの情報を確認することができます。

また、消費者庁が中心となり、販売後の監視も行うようなのでより一層の安全性への取り組みが期待できると言えます。

上記青マーカー部分の詳細は下記の通りです。※1

  • 安全性について:広く食べられてきたかの食経験、安全性に関する既存情報の調査 、安全性試験の実施、医薬品との相互作用についても評価されます。
  • 機能性について: 臨床試験、機能性関与性成分に関する文献調査。
  • 生産、製造、品質の管理体制について:製造施設・従業員の衛生管理体制、規格外製品の出荷防止体制、機能性関与成分の分析方法などの体制を整える必要があります。
  • 健康被害の情報収集について:消費者からの連絡を受けるための体制が整えられています。  パッケージに事業者の連絡先(電話番号)が必ず表示されています。

機能性表示をするためには上記のような項目を含めた資料が32必要であり、事業者にとっては資料を準備するだけでもかなりのハードルです。

そもそも上記のような管理体制がない製造施設で作られたものは届け出が受理されませんので、安全性に対する一定の指標にはなるのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

  • 『カイテキオリゴ』 は2019年9月より 機能性表示食品 となる。
  • 厳しく安全性、機能性等について情報が求めらる消費者長官へ届け出し、今回受理された。

爆発的人気を誇っているカイテキオリゴについても、売り上げ日本一という販売実績と機能性表示食品となった部分も含めてより一層信頼性の高い商品となっていきそうですね。

2019年9月からパッケージもリニューアルされ、機能性表示食品となりますが、

パッケージに記載される注意書の記載内容を必ず守って正しく活用するようにしましょう。

その他カイテキオリゴの特徴や体験談については下記記事にまとめていますので興味があればぜひ!

参照※1消費者庁ホームページhttpss://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/about_foods_with_function_claims/pdf/150810_1.pdf

ABOUT ME
akira
28歳、営業職をやってます。 2018年に地方→東京へ転勤。 夫婦協力して3歳長女、0歳次女を子育て中。 子育てに役立つ情報や子育てに関連する仕事との向き合い方をパパ目線で発信していきます。