仕事

新入社員に求めることは!?知識0でも、失敗しても全然大丈夫です

新入社員に求めることは!?知識0、失敗しても全然大丈夫です。
新入社員
新入社員
・新入社員としてこれから頑張っていくぞ!なにか気を付けることはないかな?
・新入社員に求められていることはなにかな?
・知識も全然ないし、失敗したらどうしよう。

こういった疑問にお答えいたします。

akira
akira
私は現在、一応管理職をやっておりまして、多くの新入社員に会社員に関わってきました。会社の中で新入社員に本当に求められている部分を紹介いたします。
求められることは4つです!

新入社員に求めることは!?知識0、失敗しても全然大丈夫です。

新入社員の方は、色々な不安を持って会社員のスタートを切ると思いますが最近は

  1. 「知識が0だとダメ」
  2. 「失敗しちゃいけない」
  3. 「ビジネスマナーがわからないといけない」
  4. 「お酒飲めないといけない」

みないな会社はないと思って大丈夫です。

akira
akira
このご時世に飲めないお酒を飲まされるような会社は結構やばいので、もしあれば辞めたほうが良いと思います。
私は営業で、全然お酒呑めませんが問題なしでした。

脱線しましたが、新入社員に求められる重要な部分は下記です。

  1. 新人っぽい方が良い
  2. 特定の人には気を使った方が良い
  3. 積極的に取り組む姿勢
  4. メモを徹底する

それぞれ解説していきます。

新人っぽい方が良い

地味に重要です。

新人っぽい方がなにかと有利です。

  1. 頑張ってる感
  2. かわいげがある

先輩たちも人間です、生意気そうな人よりは新人っぽい方が会社に属する上では得する状況が多いということですね。

特定の人には気を使った方が良い

新人だからといって気を使いまくるというのはしんどいですし、そこまで必要ありません。

しかし、

  1. 直属の先輩(面倒みてくれる人)
  2. 直属の上司
  3. 仕事できるっぽい人
  4. 影響力大きそうな人

このあたりは抑えといたほうが良いと思います。理由は下記です。

直属の先輩(面倒みてくれる人)

さすがに直属の先輩には気に入られた方が良いですね。ポイントとしては早めにスキルを吸収して追い抜いてしまいましょう。

あと、直属の先輩がポンコツだと、割と後輩もポンコツに育ってしまう傾向があるので注意しましょう。

直属の上司

直属の上司は評価に影響していくので、さすがに気を使っておいたほうが無難です。

超ブラック上司の場合は、進退を考えた方が良いです。

新入社員だから3年耐えないといけないと思われる方もおられると思いますが、ブラック上司がいる場合は

  1. 「身体を壊す」
  2. 「メンタルがやられる」

等の影響が出る前に転職を視野に入れておくようにしましょう。

仕事できるっぽい人

仕事ができるっぽい人は抑えておきましょう。

なにかと関わるタイミング、頼らざる得ないタイミングが来てしまう事も多いですし、良くしてもらって、どんどんスキルを盗んでいきたいところですね。

影響力大きそうな人

しょーもない先輩はほっておくべきですが、やはり影響力の高い人は抑えておくべきです。敵に回すメリットなしです。

積極的に取り組む姿勢

積極的に取り組む姿勢は重要です。新入社員の自分が果たすべき役割を考え行動しましょう。

失敗しない人はいないですし、数多くの失敗を繰り返して成長していくため気にすることはありません。

しかし、

「行動せずに結果がだせない」

「わからないのに行動せず、そのままにしている」

等はそれ以前の問題と捉えられてしまいますので注意しましょう。

メモを徹底する

これだけはお願いします。

教えられている間はメモするなり後でまとめるなりしてください。

「メモしないでも大丈夫?」「覚えられる?」とまで教えてくれない人もいます。

「同じことを何度も聞かれる」というのは教える側としては結構キツイです。メモを取る癖をつけましょう。

周りのレベルに染まりすぎないほうが良い

会社には色々なレベルの会社がありますが、「この会社ゆるいんじゃね?」と思っても周りに染まって楽してはダメです!!

理由は下記です。

  1. 終身雇用は崩壊している
  2. 安定している会社はない
  3. 給料はあがらず、税金はあがっていく

最近よく言われていますよね。

会社の外で、世界の情勢はかなりの速度で変わっていっています。

何かあった時に「社会で通じるスキル」がないと苦労してしまうので周りは関係なくスキルアップしていきましょう。

世の中の流れを感じてスキルを身に着けるべし

時代の流れをちゃんと感じて下記のスキルを身に着けましょう。

  1. 社会人としてのスキル
  2. 転職でも活かせるスキル
  3. 個人で稼ぐことができるスキル

社会人としてのスキル

仕事で成果を出しながら収入を上げていくために必ず必要です。

役職や面接でアピールできるような実績を出すと万が一の時に転職でも武器になります。

資料作り等はめんどくさいと思うかもしれませんが、文章を書く事も後ででてくる副業等に活きてきますので前向きに取り組みましょう。

転職にも活かせるスキル

  1. 複数の部署を経験した
  2. 役職についた
  3. 大きな実績を挙げた

等は転職でも有効な武器となります。

武器はあるに越したことはないため、チャンスがあればどんどん挑戦しましょう。

個人で稼ぐことができるスキル

新入社員に副業の話を教えるのは早いという風潮がありますが、残念ながら全然はやくありません。

本業がめちゃめちゃ高収入+激務の場合はなかなか時間がとれないかもしれませんが、国が副業を進めている世の中です。

個人で稼ぐ力も高めていきましょう。

また、仕事ができない人の特徴や、出世する人の特徴も別記事にまとめておりますので気になる時期がきたら参考にしてください。

ABOUT ME
akira
28歳、営業職をやってます。 2018年に地方→東京へ転勤。 夫婦協力して3歳長女、0歳次女を子育て中。 子育てに役立つ情報や子育てに関連する仕事との向き合い方をパパ目線で発信していきます。