家事・育児

新生児の寝ない問題(~3か月)に対応するには!?解決にはパパの協力がポイント??

怒る赤ちゃん

新生児が家に来て疲弊していくママを見て戸惑うパパ

新生児は生活リズムが整ってなくて大変、夜中の授乳におむつ換え、新生児全然寝ないじゃん!なにか手伝えることはないかな?

こういった疑問にお答えいたします。

私は現在2人の娘を絶賛子育て中です。
一人目は親のサポートを受けながら
二人目は転勤先で夫婦協力しながら子育てしております。

この記事では新生児の生活についての解説と、パパと協力してママの負担軽減ができることを記載しております。

新生児の寝ない問題、生後~3か月までの生活時間について

生後~1か月

生まれて間もない赤ちゃんは生活リズムと呼ばれるものがありません。2時間~3時間おきにお腹が空いてしまうので、他のぐずり泣きや、おむつ交換とは別に。ママは昼夜関係なく起きなければならない時間が生まれます。

早めに生活リズムを整えてあげるためにも朝起きたらカーテンを開け、日光を浴びさせてあげて夜はできるだけ早めに電気を消してということから始めていきましょう。

重要ポイントですがこの時点で生活リズムをつけなきゃと焦る必要はありません。取り組む意味としては、早い段階で始めていないとパパとママが急にリズムを変えることも難しいからです。家事や仕事の予定も逆算し、早い段階から少しずつ調整していきましょう。

1か月~2か月

少しずつ生活リズムが整っていきます。毎日ではないですが、AM1時~4時くらいに起きる回数が徐々に少なくなってきます。なんとなくですが朝、昼、夜の区別もついてくるのかなと感じる場面もでてきます。

うちの次女はこの頃のパターンとして、日中は静か→20:00~22:00はめちゃ機嫌悪し→睡眠→深夜2時、4時に起きることもあれば6時くらいまで寝ることも。

というようなイメージです。深夜に起こされなければラッキーという感じでした。

2か月~3か月

徐々に夜中に授乳で泣く回数が減ってきます。

体もしっかりしてくるのとママも育児の負担が少し減ってきている場合は、お昼にお散歩してあげたり新しい刺激を与えてあげると良いでしょう。パパが活躍できる所でもあると思います。

この時期からは月を追うごとに生活リズムが安定してくるので、お昼寝や夜の睡眠を時間を決めながら行うようにしてください。

次の壁は6か月以降の夜泣きになるかと思いますが、そちらについては次女がその時期になりましたらまた記事作成したいと思います。

そんな中でパパができるフォローを解説していきます。

パパの役割と時間(ルーティン)を決め計画的にサポートを

上記のような新生児の生活に併せてママが苦労するなかで、仕事もしないといけないパパはできるだけ自分の役割を決めてフォローしてあげましょう。

私の場合は下記2点を意識していました。

  • 仕事から帰る時間をできるだけ固定する。
  • パパがやる家事、育児を決める

仕事から帰る時間をできるだけ固定する。

ママからするとパパが何時に帰ってくるかわからないというのは、精神的に良くないです。

18時半~19時に安定して帰れるなら「もう少しでパパが帰ってくるから頑張ろう!」 「パパが19時に帰ってくるならそこからお風呂入れてもらおう」という考え方ができると思います。遅くなる予定の日があれば予め伝え、ママが予定立てて子育てできるようにしましょう。

パパがやる家事、育児を決める

私の場合は仕事から帰宅し、家事だと夕食の食器洗い、長女のお風呂、風呂掃除、洗濯物干しを毎日やると決めました。育児の方では、おむつ替えとお風呂、もしくはお風呂から出た時の拭き側とぐずった時のだっこは自分が100%やるくらいのスタンスで取り組んでます。

授乳ができない分パパはできる限りのことをフォローするのが鉄則です。

私の場合は仕事を早く切り上げ18時半くらいに帰宅し、23時頃まで家事と長女次女の世話をしてその後、自宅に持ち帰って深夜2時頃まで仕事をするという地獄のルーティンだったため、新生児が深夜に泣きだした時は飛んで行っておむつ確認、交換、ママが起きてくるまでだっこみたいなことを自分の役割だと考えやっていました。深夜2時というママが眠い時間に若干のサポートができたことは少しは負担軽減ができたかなと思います。

間接育児で無駄な家事を削減しママの負担軽減

間接育児とは、おむつ替えや授乳等の直接的な育児ではなく、その他家事をパパが行うことによって総体的にママの負担を軽減しようとするものです。

上記項目で挙げた家事の他にも、長女の幼稚園への送り迎えや、食材の買い出し、等協力できる部分は多くあります。ママにヒアリングを行いながら検討していきましょう。

心が折れたら一旦実家へ?

新生児の子育てについては赤ちゃんが生まれてから月日が経つごとに育児に慣れてきたり、生活リズムが整ってきて負担が徐々に減っていくようになっています。

どうしても心身ともに厳しい場合は一旦、里帰りを行うという選択肢もありだと思います。

パパもママ一度、気持ちをリセットできますし、赤ちゃんの生活リズムが整ってきたらまた夫婦で協力して取り組んでいくということもできるかと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

記事にも記載させていただいた通り、新生児の育児にあたって一番しんどいのは生後~2か月くらいかと思います。

生活リズムさえ徐々に整ってくれば、少しずつ睡眠時間も確保できるようになるので永遠と続く大変さではないことを希望に取り組んでいきましょう。

ABOUT ME
akira
28歳、営業職をやってます。 2018年に地方→東京へ転勤。 夫婦協力して3歳長女、0歳次女を子育て中。 子育てに役立つ情報や子育てに関連する仕事との向き合い方をパパ目線で発信していきます。