お金について

楽天カードのメリットとデメリットを解説!【絶対作るべき】

楽天カードのメリットとデメリットを解説!【絶対作るべき】

この記事は下記のような方にオススメです。

男性
  • 楽天カードのCM良く見るけどどこが良いのかな
  • どんなメリットがあるんだろう
  • でもデメリットも多いんでしょ?
  • ポイント貯めるのめんどくさくない?
  • 楽天市場使わないしなぁ

こういった疑問にお答えします。

筆者
  • 楽天カードを使用しはじめて3ヶ月程になりました。
  • それまでは現金主義でした。
  • お小遣いのやりくりや家計の固定費減に大活躍

私は社畜パパなので自分のお小遣いの中でも楽天をうまく活用しながら自己投資やへそくりを貯めています

家計全体にも大いにメリットがありますので是非参考ください。

個人的には絶対活用するべきカードです。

楽天カードのメリットとデメリットを解説!【絶対作るべき】

私はずっと現金主義でしたが、

増税を機にキャッシュレス化に取り組むことにしまして

楽天カードをメインに生活を行っております。

楽天カードの特徴は下記の通りです。

  1. 顧客満足度10年連続第一位
  2. カード保有者1830万人、加入速度も過去最高
  3. 申し込みが超簡単
  4. ポイント還元率1%
  5. 楽天市場だと楽天カード決済で還元率3%
  6. 通常カードは年会費無料

使用者伸びすぎですね。

還元率や下記メリットを加味するとこれで年会費無料はやばいです。

楽天カード←詳細については左記参照

アイコン名を入力

このスペックで年会費無料、簡単審査は破格!!

楽天カードのメリット

  1. ポイントがめちゃめちゃ溜まる
  2. 新規作成でのポイントプレゼントが大きい
  3. 楽天経済圏で固定費を下げる事ができる
  4. 楽天証券や楽天ふるさと納税が最強
筆者

それでは楽天カードのメリットを解説していきます。

ポイントがめちゃめちゃ溜まる

  1. クレカ払いで1%ポイント還元
  2. 楽天市場だと3%~ポイント還元
  3. セールやイベント中のポイント還元率が異常
  4. もちろん各楽天サービス利用でもポイント還元

クレカ払いで1%ポイント還元

基本的に私は生活する中での支払いを全て楽天カードに集約しています。

全てが基本1%還元なので現金よりお得ですよね。

お店によっては他のカードがお得というのもありますが

どこがお得かを調べ続けるのとか毎回変えないといけないのが割に合わないと判断していまして楽天カード1択になっています。

普段使いは場所によって変えているという方はそのまま続けてください。

現金でまだ払ってるよ~という方は全て楽天カードにするのがオススメです。

楽天市場だと3%~ポイント還元

となります。

ちなみに

楽天市場でのポイント還元率は他サービスの利用に伴って増加していきます。

私は上記画像の通り現在7倍となっています。

楽天市場での買い物が7%還元が基本という事ですね。

この倍率というのは下記表に記載のサービスを活用していると加算されていきます。

楽天会員となり、楽天カードを作成して時点で3倍ですので3%還元ですね。

楽天市場でアプリ使用すると+0.5倍等もありますので5倍~くらいは簡単です。

セールやイベント中のポイント還元率が異常

ここが最大の魅力となります。

楽天市場では

買い物マラソンスーパーセールという2大イベントがあります。

お買い物マラソン:4月5月7月8月10月11月

楽天スーパーセール:3月6月9月12月

が基本的な開催月となっています。詳細は下記です。

買い物マラソン、スーパーセールの基本事項

  1. 1000円以上の商品を購入したショップの数×1%ポイント還元率増加
  2. 10ショップで各1000円以上の商品を購入すれば、それまでの購入品に対しても10%分のポイント還元
  3. このキャンペーン+各ショップの倍率アップ+基本倍率=最大44倍の還元率

やばそうですよね。

1000円以上の商品をこの日にまとめて購入して、

ポイント還元をたくさんもらいましょう。ということです。

注意したいのは、無駄な買い物をしてしまうと意味がないので必要な物をお得に購入するようにしてください。

 

私の場合は、

  1. 普段、自販機やコンビニで定期的に買ってしまっている物をまとめて
  2. 日常使用している消耗品がセールで安くなっていたら
  3. ほしい物を普段からお気に入り登録しておいて安かったら

という形で準備しておいて10品以上溜まったら、その時のイベントに参加するという形にしています。

うまく活用するとお得に大量ポイントが獲得できるので楽しいですよ!

 

各楽天サービス利用でもポイント還元

各種サービス利用で楽天市場でのポイント還元倍率が増加していく事は

理解いただけたと思いますが、

そもそも加入している楽天でんきや楽天モバイル、楽天トラベル等の支払いでもポイントが加算されていきます。

楽天を活用しまくりポイント還元され続けましょう。

新規作成でのポイントプレゼントが大きい

楽天カードは新規作成しただけで

5000円分のポイントが付与。

期間によっては更に2000円分もしくは3000円分が付与されるので

最初に7000円~8000円分のポイントがもらえます

さらに各サービスの登録等でも1000ポイント等が付いていきますので

楽天にそこまで興味ないけど

とりあえずポケモンの新作ほしいなという人は

カード作って何個か登録してポイントの付与をまてば2ソフト買えてしまうという素晴らしさです。

楽天カード←から公式に飛べますのでそこからポケモン買いましょう。

筆者

普通にポイント配りすぎですね。

楽天経済圏で固定費を下げる事ができる

生活に必要な物を楽天関連のサービスで済ましていき

楽天を軸にほぼ生活ができるので全体の総称として楽天経済圏なるものが形成されています。

主婦

倍率だけ上げさせといて、でんきやモバイルとかのサービスは高いんじゃないの??

こういった声が聞こえてきそうなので楽天サービスの中でもわかりやすく

お得な2種類のサービスを解説しておきます。

  1. 楽天でんきで電気代を安く
  2. 楽天モバイルで電話代を安く

楽天市場での還元倍率を増加させる楽天モバイルや楽天でんきですが、

倍率を上げるだけでなく、単体でもお得です。

結論を言うとどちらも割と業界最安値クラスです。

楽天でんきについて

楽天電気は最安値のループでんきとポイント込みでトントンです。

普通に考えてお得ですね。

家族構成や今のプランに基づいてシュミレーションは行いましょう。

楽天でんきのメリットは下記の通りです。

  1. 電気代が最安値クラス
  2. 申し込みが超簡単
  3. 支払いがポイントでもできる

申し込みはまじで簡単です。

今契約している所に電話とかしなくて良いという楽さ。

申し込むだけでいつから切り替わるかのメールだけが飛んできます。

支払いがポイントでできるのも良いですね。

期間限定ポイントが消費できるので無駄なしです。

電気代の支払いでもポイントが付くので最高です。

楽天モバイルについて

楽天モバイルは楽天会員で一番安いプランだと初年度1480円 2年目から2980円です。

2019年9月時点だと2年総額でY社より安いとのことです

3大キャリアからの乗り換えでは比較にもならないので省略しておきます。

楽天モバイルのメリットは

  1. 電気代が最安値クラス
  2. データ通信制限を超えても1024Kbpsで通信可※
  3. 支払いがポイントでもできる

データ通信制限を超えても1024Kbpsで通信可!!

※12:00~13:00 18:00~19:00は300kbpsに落ちます。

これは最強ですね。

通常、データ通信制限を超えると

128Kbpsになりますが、まさかの1000を確保できます。

アプリのDL系は結構厳しいですが、

高速通信のON/OFFができますので基本OFFにしといて

必要な時に使うようにしましょう。

 

12時と18時は他の事するか、高速通信にしましょう。

300kbpsでも意外とユーチューブ見れることが多いです。

楽天モバイルについてもっと知りたい方へ下記参照願います。

楽天証券や楽天ふるさと納税が最強

楽天証券が最強

  1. 取引手数料が最安値クラス
  2. ポイントを使用して投資ができる
  3. 初心者に最適な仕組み

まさかの証券口座が開設できます。

投資の必要性、重要性はここでは触れませんが

手数料が安く、節税対策も簡単なため投資の一歩として楽天証券を活用するのはかなりオススメです。

ポイントで投資ができるので取り組むハードルも下がるかなと思います。

資産を増やすには投資は避けて通れないので嬉しい所ですね。

積み立てNISAもあります。

楽天ふるさと納税が最強

  1. 商品ラインナップも豊富
  2. ポイント還元がしっかり受けられる
  3. ポイントを使って買うこともできる
  4. お買い物マラソンの対象になる

ふるさと納税も楽天で行うことが可能です。

実質負担額2000円、その2000円自体もポイントで支払いが可能。

そして購入した商品についてはそのままポイントがつく

もはや意味不明ですね。やらない意味はないです。

筆者

楽天活用している人でこれよりお得にふるさと納税する方法は存在しないですね。

楽天カードのデメリット

  1. なんでも最安値で買い物できるわけではない
  2. エントリーが手間、メールが多い
  3. 巧妙なリボ払いへの誘惑
筆者

デメリットというよりは注意すべき所とちょっとストレスな所です。

なんでも最安値で買い物できるわけではない

お買い物マラソンの項でも少し触れましたが、

楽天市場の物を思考停止して買いまくっていると損してしまっている場合があります。

楽天市場では、全てが最安値というわけではないですので

イベント外で買い物する場合等はアマゾン等他の通販サイトの方が安い場合が多々あります。

全ての商品を他サイトと比較していくのは効率が悪いため、

大きな額の買い物や、定期的に購入するものに関しては大きく損をしないように

価格を比べたりイベント時に購入するようにしておきましょう。

エントリーが手間、メールが多い

これは結構あるあるですね。

メールについては、配信停止できますし、BOX分ける等の工夫が必要です。

私の所にも1日5通くらいきてますね。

エントリーの手間については、

私はイベント時しか楽天市場を活用しないのでそこまで手間ではないです。

毎回、全てにエントリーしていると時間がもったいないですので

そこもルールを設けてストレスを溜めないようにしていきましょう。

巧妙なリボ払いへの誘惑

これはどこのカード使ってもそうなのですが、

楽天カードは各サービス開始時のポイントバックが大きいので

おもわず申し込んでしまう方が多いです。

リボ場合やキャッシング関連については申し込まないようにしましょう。

間違って申し込んでしまうという程、わかりづらい訳ではないのでしっかり注意していれば大丈夫です。

本記事でまとめました内容については下記公式ページから詳細確認ができますよ。

楽天カード

ABOUT ME
akira
28歳、営業職をやってます。 2018年に地方→東京へ転勤。 夫婦協力して3歳長女、0歳次女を子育て中。 子育てに役立つ情報や子育てに関連する仕事との向き合い方をパパ目線で発信していきます。