仕事

出世する人の特徴は2つだけ!?中堅企業なら誰でも出世できる?

出世する人の特徴は2つだけ 中堅企業なら誰でも出世できる
出世できない人
出世できない人
・どうすれば出世できるんだろう。
・出世する人の特徴は何なのかな。
・自分なんか出世できないよな。

こういった疑問にお答えします。

akira
akira
わたしは新卒ですが
かなり早いタイミングで役職につくことができました。
その経験から社会人として重要なスキルを2つ紹介させていただきます。

出世する人の特徴は2つだけ!?中堅企業なら誰でも出世できる

会社員の方が収入を上げていくには、出世するか副業(投資も含む)を始めるかの2択しかありません。

しかし、

「自分は出生コースからはずれている」

「自分は頑張っているのに評価されない」

「あいつは社内営業だけで出世していってる」

「上司が悪い」

等を理由に半ばあきらめてしまっている人も多いのではないでしょうか。

そのような方は今回私が紹介する2つの特徴を実践できているかを改めて確認していただいて今後の仕事の方向性を再確認してみてください。

結論としては

  1. GPDCAサイクルを徹底している。
  2. 会社の仕組みを理解している。

の2つです。

「どちらも、もしくは片方ができていない人は明日から行動しましょう」

「どちらも実践しているにも関わらず、出世できそうにない職場の場合で収入の増加が必須であれば転職もしくは副業を考えましょう」

大企業は、そもそもライバルが強すぎたり、卒業大学の派閥や上層部は大企業からの天下りしかいないみたいなのがありがちなのでもっと複雑です。

出世する人の特徴は2つだけ

2つの特徴を見てなんだそんな事か、と思われる方は多いと思います。

様々な企業で「GーPDCAサイクル」については実践されていますし

「会社の仕組み」だって数年勤務しているんだからわかってる、という方も多いと思いますので更に深堀りしていきます。

G-PDCAサイクルを回せる。

ビジネスの基本はこれです。

  1. ・Goal(目標)
  2. ・Plan(計画)
  3. ・Do(実行)
  4. ・Check(評価)
  5. ・Action(改善)

目標を定め、計画を練り、実行に移し結果の評価を行い、更に改善する。

出世できない人
出世できない人
そんなのいつもやっているよ

という方もおられると思いますが、

目標だけ立てて、だらだら取り組んでしまっていませんか?

ひとつひとつの仕事に対してしっかりG-PDCAサイクルを回していきましょう。

これを徹底できれば、基本的には嫌でも伸びます。徹底できるかどうかだけです。

考えてまず、やってみる、振り返る

この繰り返しで力がついていくので後は数をこなすだけ。

実際行動できる人は10人いても1人だけです。

その1人が評価されていくことは自然ですよね。

akira
akira
自分で考える力と行動力を養っていきましょう。

会社の仕組みを理解している

具体的には下記です。

  1. 評価基準
  2. 昇進・昇格基準
  3. 自分の環境

こちらも解説していきます。

評価基準

評価の基準ですね。
どういった行動、実績が評価につながるかを知らなければなりません。

営業であれば、売り上げ利益

と考えがちですが、
売り上げと利益が本当に全てなのかを確認する必要があります。

社内には
売り上げと利益はトップクラスだがなかなか出世しない人はいませんか?
そのような人がいる時点で実績が全てではないかことがわかります。

組織で不足している人材、必要とされている部分を伸ばす必要があります。

例えば、
営業とマネジメントができる中間管理職が不足している。

引っ張っていくリーダーが不足している

等はありがちです。

組織が必要としている要素をカバーし評価されることが大切です。

自分ができること、やった方がいいことを繰り返していけば追いかけてこれる人はどこかでいなくなるので、それまで継続できるかどうかだと思います。

昇進・昇格基準

そして昇進・昇格のルールについても知る必要があります。

このあたりも社内規定として確認できる企業も多いと思います。

昇格に何年必要とか評価がいくら必要、何の資格が必要、何かの試験が必要等ですね。

この規定をしっかり把握して給与規定と併せて
目標とする役職、収入から逆算していく必要があります。

正直ここで目標とする収入を目標とする年齢が達成できないのであれば転職を検討するか副業を中心に収入を伸ばす方法を考えた方が賢明です。

実際、社内規定に反して収入がガンガン伸びていくと言う事はまずありえないと思って良いためそこで判断することをオススメします。

自分を取り巻く環境

また自分を取り巻く環境を把握することが必要です。

  1. ポストがあいているor空きそうな状況か
  2. 自分を推してくれる上司はいるか
  3. 自分の実力はどうか
  4. 同僚の実力はどうか
  5. 直属がブラック上司だと注意

そもそもポストが空いてなければ出世することは厳しいですし、
上司の出世等も考慮し自分のポストが空く余地があるかも考える必要があります。

またライバルの存在も押さえておく必要があります。

ポストが1つしかなく自分より明らかに評価の高い同年代がいる場合はその人に勝つしかありません。

体感で申し訳ないですが、

このご時世にそこまで仕事にコミットしてる若手はあまりいないので

同年代で一番頑張っていれば大丈夫です。

1点注意なのですが、直属の上司がポンコツすぎると評価や昇進・昇格で不利になるパターンがありますのでそこは注意してください。

  1. そもそも何もわかってない上司で適当に評価をつける
  2. 上司がポンコツすぎて自分の実績が表にでにくい
  3. 上司がブラックすぎてそもそも辞めたい

など考えられます。

上二つに関しては更にその上の上司を掴んでいれば対処可能ですのでポンコツ上司について納得させられるほど実力がつけばOKです。その上の上司が取り合ってくれない場合はまだまだ自分の力不足と思いましょう。

上司がブラックすぎてそもそも辞めたい場合は、転職するか部署を変えるかを検討することをオススメします。

中堅企業なら正直、誰でも出世できると思います。

結構ハードル高いじゃんと思われるかもしれませんが、中堅企業とかであれば割と余裕のはずです。

冷静に見たらまわりはそんな強くないはずです。

みんな結構やる気ないですよね?

自己啓発本とか皆、読んでないと思うので読んで実践していればいつか仕事はヌルゲー化すると思います

このスキルは全てにおいて重要です。

G-PDCAの徹底

これは全てにおいて超重要です。
会社員でも、独立するにしても、副業するにしても、YouTubeでも、ブログでもなんでも「行動 改善 継続」は散々言い尽くされていますが、それはこれに尽きるということです。

まわりが行動しない中で一歩進むことができれば加速度的に成長できます。

揺らぎつつはありますが、まだまだ会社員は安定してますので会社に属しているうちに
この基礎を身につけられるようにしましょう。

ABOUT ME
akira
28歳、営業職をやってます。 2018年に地方→東京へ転勤。 夫婦協力して3歳長女、0歳次女を子育て中。 子育てに役立つ情報や子育てに関連する仕事との向き合い方をパパ目線で発信していきます。