トイレトレーニング

トイレトレーニングが長引く原因はイライラして怒ってしまうあなた!?

トイレトレーニングが長引く原因はイライラして怒ってしまうあなた!?

トイレトレーニングにイライラしてしまうママ

トイレトレーニングが上手くいかなくてイライラしてしまう。なぜこんなに上手くいかないんだろう。子供に怒ってしまう自分もなさけない。

こういった悩みにお答えします。

我が家では

娘のトイレトレーニングの時期には、皆さんと同じく家事、育児、仕事に追われる中で、余裕が無く子供に厳しくしてしまうこともありました。

夫婦で乗り越えてく中で学んだこと、感じたことをまとめましたので少しでも参考になれば幸いです。ちなみに娘の人生初のトイレうんちは私と一緒にクリアしました。

トイレトレーニングが長引く原因はイライラして怒ってしまうあなた!?

なぜイライラしてしまうのか

  • 家事や育児、仕事などに自分が追われている
  • 保育園や幼稚園入園などのタイムリミットに焦りを感じている
  • 自分の教え方がダメなのか、どうしてできないのかと自分を責めてしまう

ということが根本の原因ではないでしょうか。考えてみるとお子さんが原因というよりその他の環境が原因というのが分かるかと思います。ひとつずつ解説します。

家事や育児、仕事などに自分が追われている

自分が忙しい中でトイレトレーニングに掛かる時間と、汚してしまったパンツや床を拭いたタオルを洗う時間、服を着替えさせる時間にストレスが蓄積していきます。

失敗してしまっても床を拭いて、着替えだけさせて洗濯はパパにやってもらうのはどうですか。後回しにして余裕ができたタイミングで洗うのも良いでしょう。

夕食の準備前等で忙しい場合は、1回チャレンジしてなかなか出そうでなければおむつかオマルにしてしまっても良いです。まずチャレンジすること、ストレスを溜めないことを優先しましょう。

保育園や幼稚園入園などのタイムリミットに焦りを感じている

1歳児の保育園入園の際のトイレ(おまる)トレーニングが一番プレッシャーを感じます。生まれた時期によっては結構な難関ですよね。結論として入園時にトイレトレーニングは完了していないといけないかと言えばNOです。全然気にしなくて大丈夫です。

まず、家と保育園でトイレ(おまる)の仕様が違いますので、家でできても保育園でできない子もいます。また、お母さんとはできるけど先生(友達)がいてから緊張してしまう、保育園だとスリッパ履いたりするのでもう違和感だらけで無理、更にはトイレトレーニングなんてしたことないというレベルで来る子もいるからです。

そして保育園のお友達がトイレでしてるのを見て刺激を受け、すぐにできるようになる子もいますので入園はトイレトレーニング完了に向けてプロのサポートが受けられる良い機会だと思いましょう。

自分の教え方がダメなのか、どうしてできないのかと自分を責めてしまう

ここが一番、悩まれる部分ではないでしょうか。

お子さんのために毎日の家事、育児からトイレトレーニングの準備を行い成長のために悩み、試行錯誤しているあなたを責める必要はないです。

怒ってしまうことも仕方ないです。それだけ本気で向き合っているのだと思います、

ただ冷静になったら嘆くのではなく思いつく限りの原因を排除し、ゆとりを持って挑む準備をしていきましょう。

なぜトイレでできないのか

ここからお子さんの立場になって考えてみましょう。トイレでできない原因としては

  • そもそもトイレでしたことがないから
  • 違う環境に違和感を感じている
  • 意識してしまってでない

が考えられると思います。こちらも解説していきます。

そもそもトイレでしたことがないから

トイレトレーニングに挑戦するお子さんは人生の99%以上をおむつで済ましている状況です。それをいきなりトイレでするというのはあまりにも大きな変化です。

逆にオムツを履いて立ったまま大人が用を足せるかということです。たぶん無理だと思います。

なのでその気持ちをまず理解してあげましょう。

意識してしまってでない

トイレを成功させないといけないと意識しすぎてしまってでないというパターンです。

これはわかると思いますがこちらの焦りが伝わっていたり、お子さん自体も焦っていることが考えられます。優しく声かけしてあげてリラックスできる環境をつくっていきましょう。

これを意識していると自分も落ち着けるので効果的です。

怒ってしまうとどうなるか

  • トイレに行きたくなくなる
  • トイレにマイナスイメージがつく

ここが一番の重要ポイントです。毎回怒られることでトイレに良いイメージが無くなってしまい、トイレにそもそも行きたくなくなってしまいます。

上記項目と通ずる部分がありますが怒られるかもと思ってしまい頑張ろうと意識しすぎてでなくなるという負の連鎖が始まってしまいます。

一番悪いの尿意をこちらに示さないようになり、隠れてオムツに勝手に済まし事後報告してくるパターンです。イライラポイントが溜まる前にその回は切り上げるようにしましょう。

トイレトレーニングを乗り越えるための心構え

  • トイレトレーニングはいつか終わってしまう
  • チャレンジした結果できなくても良い

トイレトレーニングはどこかで必ず終わります。諦めてトイレにも行かせなくなったでは困りますが、自分と子供のペースでゆっくり進めていきましょう。終わってみればトイレトレーニングを行っていた期間は愛おしいレベルです。

チャレンジした結果の失敗も、成功への一歩です。前向きに挑戦している姿勢を褒めてあげてください。あと初めてできた時は尋常じゃない褒め方をしましょう。嬉しくなって2回、3回できるようになるポイントとなります。

トイレトレーニングを乗り越えるコツ

  • イライラする原因をできるだけ排除する
  • 時間があるときはのんびり取り組む
  • パパにトライさせてみる

上記のコツをひとつずつ解説します。

イライラする原因をできるだけ排除する

なぜイライラするかは冒頭に記載しましたが、その原因を一つずつ排除していきましょう。

例えば、

  • お漏らししてしまってカーペットを汚されたくない場合、トレーニング期間中はジョインマットのみにする。
  • トイレへの動線上には物をできるだけ置かない。
  • パパが家に居る時はパパをトイレ担当にする
  • ママが忙しい時間は1回挑戦して難しそうならすぐ切り上げる
  • 失敗しすぎで着替えが無くなるなら安い服を多めに購入。

等ですかね。怒ってしまった後に一つずつ解決策を考えていくと改善されていくのではないでしょうか。

時間があるときはのんびり取り組む

私としてはこれが最重要です。

尿意があるのであればトイレに座って待っていればいつか出ます。とりあえず座る習慣と、そこで待てる力さえがあれば出る可能性が高まるのは必然です。うちの娘はトイレで自分が考えたお話を一人でお話してみたり、歌を歌っていましたね。

忙しい嫁からするとその時間がもったいなくイライラが蓄積してしまいますが、のんびりな私は無限に待てました。うんちトレーニングもこれが重要だと感じました。

座る×滞在時間がとにかく重要ですので、そこまでの習慣づけが大切ですね。

パパにトライさせてみる

他の家事、育児と同様にこちらも夫婦で協力し負担軽減を図りましょう。イライラポイントが蓄積してきたら交代というのが良いのではないでしょうか。

ママのやり方、パパのやり方でどちらかがハマれば成功というパターンもありますので自分ひとりで悩まず相談しながら取り組んでいきましょう。

まとめ

長くなってしまいましたがまとめます。

  • イライラする原因はお子さんではなくその他の環境
  • 保育園、幼稚園のサポートが受けれてラッキー
  • 自分を責める必要はなし
  • お子さんも新しい挑戦に不安な気持ち
  • 怒ってしまうのは仕方ないけどその後どうするか
  • トイレトレーニングはいつか終わってしまう
  • チャレンジすることが重要
  • イライラする原因をできるだけ排除する
  • 時間があるときはのんびり取り組む
  • パパにトライさせてみる

トイレトレーニングの期間は果てしないようですぐに終わってしまいます。終わるタイミングはいきなり訪れ一瞬です。

ここまでの育児の中でも大変だったけど、もう一度あの頃の我が子に会いたいなと思う時は誰にでもあると思います。

今の時間も取り戻せない大切な時間になるので焦らずしっかり向き合っていきましょう。

私は下の子がトイレトレーニングの時期が来るのを楽しみに待っています。イライラしだしたらこの記事を読んで更に修正することとします。

イライラポイントのおねしょ対策記事も興味があればどうぞ↓

ABOUT ME
akira
28歳、営業職をやってます。 2018年に地方→東京へ転勤。 夫婦協力して3歳長女、0歳次女を子育て中。 子育てに役立つ情報や子育てに関連する仕事との向き合い方をパパ目線で発信していきます。