トイレトレーニング

トイレトレーニング中はパンツの上におむつ!?トレーニングパンツ!?

トイレトレーニング中はパンツの上におむつ!?トレーニングパンツ!?
悩むママ

トイトレ準備中に悩むママ

「トイトレ中のパンツはどうすればいいの!?パンツの上におむつ履くとか、トレーニングパンツ履いた方がいいと色々あるけど。どの方法がオススメなのかな。」

こういった疑問にお答えします。

この記事を書いている私は

現在の3歳半になる長女が1歳から保育園に通うタイミングでトイレトレーニングをはじめ、成功するまでの経験をお伝えさせていただきます。

結論としては我が家ではパンツの上におむつ、トレーニングパンツどちらも使用してません。この記事を見ていただいて選択肢の一つとして試していただければ幸いです。

また、トレーニングパンツは使ってみるとわかりますが、普通におしっこされると漏れます。被害範囲は狭まると思いますが、トレパンは洗いづらくて乾きにくいためその労力が掛かる部分を含めると、「これ意味あるのかな?」と思ってしまうというのが正直な所ではないでしょうか。

トイレトレーニング中はパンツの上におむつ!?トレーニングパンツ!?

結論としてはどちらか選ばないといけないわけではないです。我が家ではどちらも使わず普通にパンツかオムツでやってました。理由は下記の3つです。

  • 濡れて気持ち悪いという感覚が必要というわけではない
  • おしっこの事前報告、事後報告はできなくて当たり前
  • 定期でトイレに座らせ習慣を付けることが最重要

ここから解説していきます。

濡れて気持ち悪いという感覚が必要というわけではない

トレーニングパンツやパンツの上におむつを推奨される理由として濡れる感覚が分かることで不快に感じさせトイレに促すということを言われると思います。ここで考えていただきたいのが子供はパンツが濡れているのが不快と感じるかで、答えはNOだと思ってます。

トイトレをする場合、1歳にはなっているかと思いますが、水遊び等でパンツがびしょびしょになった場合、それを不快そうにするかというと子供はそんな事気にしないと思います。

また、紙おむつがいかに高性能といえどずっとサラサラ快適が続くわけではないので、それに慣れてる子供には効果は薄いのではないでしょうか。

おしっこの事前報告、事後報告はできなくて当たり前

そして次の理由が濡れたことをはっきり感じることでおしっこが出たという感覚を学ぶため。そして、その前後の感覚で「おしっこ出そう」等の事前、事後報告ができることを期待するパターンです。

子供が自力でそれを判断して、自分から教えてくるようになると勘違いしている方もいると思いますができるようはなりません。教えてあげないといけないです。

おしっこの場合は出る時に体温が低下するので震えますよね?こういったサインを親が察知し「今おしっこでたでしょー(^^)/」と声かけしてあげていると、同じ状況になった時に子供も「あっ!今おしっこでた」というのがわかるようになってくるはずです。

これを考えると濡れて不快に思わせることが必要かといわれると無くても良いですよね。

定期でトイレに座らせ習慣を付けることが最重要

おしっこに限らず、トイレトレーニング最重要は習慣化です。1歳くらいだと、おしっこを溜めて置ける量が少ないのにおしっこ出る前に言えと言っても難しいです。また、事後の報告の有無を重要視している人もいますが、そもそも事後で教えてもらってもあまり意味がないと僕は思います。

トイレトレーニングは次の2ステップで

  1. 定期の時間でトイレに座らせる(出る出ない関係なし)
  2. 定期の時間外で勝手に「おしっこー」とか言ってくれるようになると最高

です。基本的には①をずっとやっていればどこかで②も言ってくれるようになると思います。②が言えるようになるとトイトレで悩むタイミングは無くなると思います。

私がトイレに連れていっていたスケジュールはだいたい下記の通り。

娘のトイレスケジュール
  • 8:00:起きたらまずトイレ
  • 10:00:お出かけ前にトイレ
  • 12:00:ご飯の前にトイレ
  • 14:00:お昼寝の前にトイレ
  • 16:00:お昼寝から起きたらトイレ
  • 18:00:夕食の前にトイレ
  • 20:00:お風呂の前にトイレ
  • 21:00:寝る前にトイレ

このスケジュールで見た時に、8:00にトイレで座らせて出なかったらどうするの?という疑問はでると思いますが、その時は普通のオムツを履かせます。そして9:00になってもオムツにでていなかった場合はそこでもう一度トイレに連れていくという感じです。

そこでも出なくてその後、オムツにしていた場合は「いつおしっこでたか分かった?」「分かったら教えてね」くらいの感じで良いと思います。

ただ、定期でトイレに連れて行かず、意思表示ができるからと「トイレいく?おしっこでる?」だけで判断するのは辞めてください。トイレには必ず座らせます。

その理由は、トイレに行くのが面倒という理由で、出ないと言ってオムツに済ましてしまうパターンが生まれてしまうからです。必ずトイレに座らせることによってそこでサボるというのを封じています。

徐々にステップアップが大切ですね。

まとめ

  • トレーニングパンツ、もしくはパンツの上にオムツが必須ではない
  • 濡れて気持ち悪いという感覚が必要というわけではない
  • おしっこの事前報告、事後報告はできなくて当たり前
  • 定期でトイレに座らせ習慣を付けることが最重要
  • 2歳前後は「出ないから行かない」と言ってても、前のトイレから時間が空いていれば座らせる

上記を意識してトイレトレーニングを進めていきましょう。

トレーニングの方法は開始の年齢、成長度合い、環境、親がどこにストレスを感じるかによって変わる部分がありますので、この進め方も選択肢の一つとして参考いただければ幸いです。

ABOUT ME
akira
28歳、営業職をやってます。 2018年に地方→東京へ転勤。 夫婦協力して3歳長女、0歳次女を子育て中。 子育てに役立つ情報や子育てに関連する仕事との向き合い方をパパ目線で発信していきます。