トイレトレーニング

トイレトレーニングでうんちができない。 便秘だった娘が乗り越えた方法とは!?

トイレトレーニングでうんちができない。 便秘だった娘が乗り越えた方法とは!?

トイレトレーニングに悩むママ

悩むママ

「トイレトレーニング頑張ってるけどでうんちができない。我慢してしまって便秘っぽくなっちゃってるし。何か良い方法はないかな。」

こういった疑問にお答えいたします。

この記事を書いている私は

この記事を書いている私は、当時2歳半になる娘のトイレトレーニングで便秘を乗り越え初のうんち成功へと導くことができました。

トイレトレーニングでのうんちはそもそもハードルが高い物ですが、

元々便秘な子、トイトレをこじらせて便秘気味なってしまった子には更に高いハードルとなってしまいます。

我が子は新生児の頃より排便ペースが遅く、便秘気味でトイレトレーニングにかなり悩まされましたのでこの経験を共有させていただき、少しでも参考いただければ幸いです。

トイレトレーニングでうんちができない原因

  • トイレでうんちという環境に慣れていない
  • そもそもトイトレがもう嫌だ
  • 便秘気味でお尻が痛くて嫌だ

大きくわけると原因はほぼこの3つだと思います。

下記に解説していきます。

トイレでうんちという環境に慣れていない

まずトイレでうんちという新環境に戸惑ってしまうことに理解が必要です。子供の気持ちがわからないとイライラしてしまいます。

子供からすると今まで立ったままオムツにしていたのにオムツも無く、更に座ってしないといけないという大きな変化が起こっています。これは結構大きな変化ですよね。

習慣が変わってしまうことですので。

また、座ると力の入れ方が今までと違ってわかりづらく、力も入れづらいことも大きな変化でしょう。

これも今までのやり方と変わってしまう部分ですし、教えづらい部分ですので経験しながら学んでいくしかないです。

上記の事を良く理解してトイレトレーニングに挑まなければなりません。

この時期に使用していました補助便座は下記の記事にまとめております↓

そもそもトイトレがもう嫌だ

そもそもトイレに行くこと自体を嫌がる子も多いと思います。

おしっこの時はできるけど便意を催した際には行きたくないとゴネるパターンですね。

原因はこれまでのトイレトレーニングの中で失敗すると怒られるからトイレに行きたくないと思ってしまっている、

前もそうだったし結局トイレでしなくても最後は許してくれると思われている可能性が高いです。

トイレにそもそも行かないではトイトレは進みませんので失敗しても怒らないをモットーに毎回1回はトイレに座らせるようにするから初めていきましょう。

便秘気味でお尻が痛くて嫌だ

トイトレあるあるなのが、トイレが嫌で我慢してしまい便秘気味になってしまうということです。

そうなると便が硬くなってしまって力んだ時にお尻が痛くなり、さらに我慢してしまうという悪循環に陥ってしまいます

最初に挙げた、環境の変化に+aとして便秘との闘いになりますのでうんちの難しさがわかりますね。

便秘だった娘が乗り越えた方法

ここから我が娘がトレーニングを乗り越えた3つの方法を解説していきます。トイレには座れる状況になっていることが前提です。

  • オリゴ糖で便通改善
  • ここぞという時に無限に待つ、怒っても待つ
  • 初回成功時にめちゃめちゃ褒める

上から順番に解説していきます。

オリゴ糖で便通改善

散々このサイトで紹介していますが、まず便意を我慢しまくる子供、硬くなっていく便に対してオリゴ糖の摂取やヨーグルト、食物繊維の摂取が効果的です。

私はカイテキオリゴ に絶対なる信頼を寄せております。

オリゴ糖+食物繊維で便通改善を手厚くサポートできます。

トイトレ中は毎日少量(5ℊ)を摂取するようにしましょう。

25日以内の返金保証もありますので是非試してみてください。

うんちがでるまで待つ、無限に待つ

これが最重要ポイントとなります。

便がでるであろう日を予想し、出るまで無限に粘ることです。

排便ペースを掴んでいるとさすがにもう4日目だからそろそろでるだろうというのがわかると思います。

また、便意があるときは、やたら走り回ったり、足あしをクロスさせて耐えてみたり、何らかのサインを出している子が多いです。これは個々によって違うため良く観察してみてください。

上記2つのポイントを加味し、今日勝負を決める!!という日を決めましょう。

そこからは、

トイレに座らせる→でない→降ろす→走り回る→便意を催す→トイレに座らせる→でない→降ろすの無限ループです。

嫌がったり、ゴネたりしますが、「今日は絶対トイレでしないとダメと言いましょう」ここについては折れてはいけません。

家事、仕事があるから今日は辞めようかな。ではなく、2時間待ってもいいから「今日、成功させよう」のマインドが重要です。

我慢の限界値がきていればいつか出ると思います。

私はこの方法の初回で40分ほど粘り成功しました。

※睡眠時間に影響が出る時間等はさすがに可哀想なので、時間に余裕がある時に試してください。

初回成功時にはめちゃめちゃ褒める

上記の方法等でうんちに成功した場合は、めちゃめちゃ褒めてあげてください。

今までの苦労と、子供の頑張りを考えると自然とベタ褒めしてしまうかとは思いますが、これが2回目以降の成功に繋がります。

我が子は初めてうんちできた時は泣いて喜んでましたし、私も泣きそうになりました

そして初回以降のトイレでうんちを嫌がったことは一度もないです。

パパもママも喜んでいるし、自分もお姉ちゃんになった気分で嬉しそうでしたね。

まとめ

  • 環境の変化を理解し、まずは慣れさせる
  • トイレにマイナスイメージをもたせないため怒るのはダメ
  • オリゴ糖など便秘対策も取り入れる
  • ここぞ!という日を決め、無限に待つ
  • めちゃめちゃ褒めて、次に繋げる

というところですね。

我が家でも試行錯誤しましたが、これより効果があった物はなかったです。

トイレトレーニングに悩んでいる方は是非一度、この方法をお試しください。

ABOUT ME
akira
28歳、営業職をやってます。 2018年に地方→東京へ転勤。 夫婦協力して3歳長女、0歳次女を子育て中。 子育てに役立つ情報や子育てに関連する仕事との向き合い方をパパ目線で発信していきます。