トイレトレーニング

夜寝るときのトイレトレーニングはどうするの!?私の結論は夜だけおむつ!!

夜寝るときのトイレトレーニングはどうすの!?私の結論は夜だけおむつ!!

疑問

「トイレトレーニングを始めたけど、夜寝るときはどうしたらいいのかな?夜だけおむつしちゃうと、日中頑張ってることが無駄になってしまうのかな?」

こういった疑問にお答えいたします。

私は

我が家の長女は現在3歳半ですが夜はずっとおむつでした。日中はトイレでできますし、おむつにお漏らしもしませんが、お守り的におむつをしてまして適当なタイミングでパンツになりました。

夜寝るときのトイレトレーニングは!? 夜だけおむつです。

私が出した結論はトイレトレーニング中であっても夜だけおむつです。理由は下記です。

  • 寝ている時の尿意コントロールは自分では難しい
  • トレーニング中の最大の苦労が無くなる
  • おむつにおねしょしなくなったらパンツにしても大丈夫
  • 夜起こさなくていい
  • 水分摂取に神経を削らなくていい

寝ている時の尿意コントロールは自分では難しい

日中と違い寝ている時は尿意のコントロールができません。日中でもやっと少し我慢できるようになったというお子さんにはあまりにもハードルが高いです。

小さい頃は膀胱のサイズに対して、夜間に作られる尿量の比率が悪く、睡眠時間の長さも相まって溢れてしまうというイメージです。これは防ぎようがありませんよね。

睡眠時間が長い+夜間に作られる尿量が多いのは朝おむつを見てみると日中との違いがわかります。

そして成長に応じて膀胱のサイズも大きくなり夜間の尿量も減っていきます。

以上を加味すると自分の意志とは関係ないため、夜おむつしてるから日中のトレーニングに支障がでることはありません。

夜おむつでトレーニング中の最大の苦労が無くなる。

おねしょの対処というのはトイレトレーニング中最大の負担といっても過言ではないでしょう。

布団、シーツ、マット等、毎日洗う事を考えると地獄です。

夜おむつをすることでこれらの家事は発生しなくなります。

朝の忙しい時間に、その大仕事があるかないかでママのストレス度合いも変わってくるのではないしょうか。イライラしてしまう方にもオススメです。

おむつにおねしょしなくなったらパンツにしても大丈夫

成長に伴って溜めておける量が増加し、作られる尿量が減ってくると自然とおねしょする回数が減ってきます。

「全然おむつにおしっこしなくなったなー」と思ったタイミングで試験的にパンツで寝てみましょう。

割と大丈夫だと思います。

体調だったり、寝る前に摂取した水分量の兼ね合いもあり100%とはいきませんが、それは夜おむつでなくても同じですね。

わざわざ夜中に起こさなくて良い

おねしょ対策のため。一度、夜中に起こしているという方もいますが、これはオススメしません。

子供と親の生活リズムに支障がでてしまいますし、これについては膀胱のサイズに対して夜間の尿量が超えないように対処しているということになります。

ママは子供と一緒に寝るタイミングも多いと思うのでママも一旦起きるのは辛いと思います。

寝る前の水分摂取に神経を削らなくていい

寝る前に水分摂取しない、もしくは夕食以降水分を取らないという方(これは極端)もいるようですがその後、お風呂とかに入った後。水分とらなかったら時期にもよりますが脱水状態になりますよ。

飲みすぎはいけませんが、子供は寝ている間に汗もたくさんかきますので水分は適度にとってください。

夜だけおむつの注意点

ここから夜だけおむつの注意点をお伝えします。注意するのはこの3点です。

  • 4歳~6歳でもおねしょするのはイエローカード
  • 夏はおむつかぶれに注意
  • おむつ履いてない程でトレーニングはする

4歳~6歳でも頻繁におねしょするのはイエローカード

4歳~6歳頃でも週1回以上のペースでおねしょをする場合は注意が必要です。身体の成長が思うようにいっていない可能性も考えられます。

トレーニングの時期によって4歳頃であれば問題ない可能性が高いですが、気になる場合は早めに病院に掛かりましょう。

夏はおむつかぶれに注意

夏はおむつかぶれに注意です。

これはトレーニングしていない頃から言えることですが、

やはりおむつかぶれには要注意です。

試験的にパンツで寝てみることを増やしていくなど、状況を見て切り替えていきましょう。

おむつ履いてない程でトレーニングは必ず行う

ここは重要ですので意識してください。

おむつを履いて寝るのでおねしょしても良いは良いですが、はやく脱おむつできるに越したことはありませんので、

  • 寝る前にしっかりトイレに行く
  • 朝起きたらトイレに行き、終わったらパンツを履く
  • お昼寝の時はパンツにしてみる

等、おむつを外した時に自然な流れができるように習慣づけることでスムーズなトレーニングができるようになりますので必ず行いましょう。

まとめ

本記事で解説しました重要項目をまとめます。

  • おねしょは基本的に自然にしなくなるもの
  • おねしょの処理をしなくて良くなる
  • 4歳~6歳でもおねしょするのはイエローカード
  • おむつ履いてない程でトレーニングは必ず行う

というところで以上となります。

ママの負担も激減しますので是非オススメです。

その分の体力を愛情にまわしてあげましょう!!

ABOUT ME
akira
28歳、営業職をやってます。 2018年に地方→東京へ転勤。 夫婦協力して3歳長女、0歳次女を子育て中。 子育てに役立つ情報や子育てに関連する仕事との向き合い方をパパ目線で発信していきます。